いよいよ師走、大切な人への贈り物の季節。
今月の企画展は「臘月の贈り物」と題し、装身具、創花、パート・ド・ヴェールのうつわが集まりました。
彫金の手法で繊細、時には大胆なアクセサリーを制作するaccessories MAUさん。
その身に光を纏うような美しさを秘める硝子のジュエリーをHARRYS 土屋琴さんは出展してくださっています。
いわきからご出展の能登朝奈さんは粉ガラスを焼いて作品にするパート・ド・ヴェールという大変に手間のかかる手法でうつわやオブジェなどを制作されています。
弊店でも何度もご紹介させていただいており、おなじみのheck.haruさんからはいつも通りため息の出るような美しさを秘めた創花が届く予定です。

大切なあの人を思いながら。
お世話になったあの人を思いながら。
ぜひ足をお運びください。

臘月の贈り物展
12/10(土)〜25(日)
*期間中火曜日、水曜日は定休日となります。

出展
HARRYS 土屋琴
能登朝奈
heck.haru
accessories MAU

20161207_1

20161207_2

20161207_3

20161207_4

Load More